風力発電基礎工事

風力発電設備において、最も重要な基礎工事です。土木・建設工事33年の島田建設がお請けいたします。

風力発電施設の基礎工事は、土木・建設専門会社に

風力発電施設の建設は、「大臣認定」をふまえて「工事計画」が立てられます。
「造成・基礎工事」後に、風車の「輸送」「据付工事」となります。
風車本体以外の土木工事、電気工事、輸送、据付がリスクの対象となるために、これらの工事計画がとりわけ重要です。
風力発電は、山地に計画されることが多くあります。そこで土木計画が重要となります。

また、風力発電設備は建築基準法上の工作物に該当するため、建築基準法によって、設計されますが、建築と土木では考え方に相違があるため、基準が異なります。
例えば、コンクリートの強度の割増、鉄筋の継手長さ、基礎杭の使用可能な工法など、そこで、設計や施工を土木系で行うことが多いのです。
弊社島田建設は、土木・建設専門33年の実績があります。

風力発電は、山地に計画されることが多くります。そこで土木計画が重要となります。風力発電設置基礎工事の下請けのご用命をお待ちしております…島田建設

風力発電設置基礎工事の下請けのご用命をお待ちしております…島田建設▶